社会全体の問題

社会全体の問題


社会全体の問題

社会に絶対にあってはいけないものだと思います。

この問題がある限り、現在問題になっている出生率低下は防ぐことができません。

妊娠したい女性はたくさんいるのに、社会の風が冷たいためになかなか一歩を踏み出せない現状があり、働く女性を悩ませていることでしょう。

なぜ妊娠がそこまで迷惑がられるのか。

そこには各企業の人手不足が背景にあると思います。

妊娠すると、検診に行かなければいけなかったり、ときには体調を崩すことがあります。

そのような理由で欠勤すると周りに迷惑がかかります。

これは事実です。

しかし、このことを「迷惑」と捉えるか捉えないかでマタハラにつながっていくのです。

お腹の中で一人の人間を育てているんです。

こんな素晴らしい仕事をしている妊婦さんを迷惑だなんて絶対に思ってはいけません。

周りはサポートの機会を与えられたと思って、一生懸命妊婦さんをサポートしてあげるのが本来の形だと思います。

また、男性ばかりの企業が多いのも問題でしょう。

男性は妊婦を経験できません。

妊婦の辛さなどわかるわけがないのです。

やはり、妊娠出産の経験がある女性は気持ちが分かります。

もっと世の中女性が社会進出し、妊婦さんに対するケアをみんなでできる企業を目指していくべきです。




TOP PAGE