インプラントをするデメリットって?

インプラントをするデメリットって?

これからインプラントのデメリットについて説明したいと思います。

インプラントは人工歯根を埋め込むことで、今までの歯の治療に比べて、噛む力が安定します。

優れた治療法ですが、良いことだけではありません。

これから、インプラントのデメリットについて説明します。

・保険適用外
・治療期間

最初に保険が適用されないことが挙げられます。

同じ歯の治療でも入れ歯の場合は保険が適用されるので、使用者の経済的負担は軽減されます。

しかし、インプラントは適用外であることから、全額自己負担ということになるんですね。

その費用は内容や歯科にもよりますが、10万円以上はかかると思われます。

次に治療期間ですが、おおがかりな手術を行うことから、その後のケアを含めて治療期間が長いこともデメリットに挙げられます。

つまり、継続的に治療できない人には向かないということです。

そのため、大病をもっている人は治療が継続できない可能性があるので、断られることもあります。



TOP PAGE