ページの先頭

流産後の妊娠|流産後の妊娠の確率、妊娠しやすい?

流産後の妊娠の確率などを明記しています
SITE TOP >
  • 流産後の妊娠ってしやすいの?

  • 流産後の妊娠ってしやすいのは確かなようです。

    それは、流産後半年程度は母体の状況が妊娠しやすい状態になっているから。

    具体的には、ホルモンのバランスや排卵の状況、また子宮の状態も着床しやすくなっています。

    その為、流産してから初めての生理を見送ったらすぐに子作りをして、妊娠されている方も多いようですね。

    生理が1度来て、母体の状態も回復しているようでしたら、流産後の妊娠も全く問題ありません。

    流産した事は残念ですが、少しでも早く赤ちゃんが欲しいのであれば、生理が再開したタイミングでチャレンジしてみては如何でしょうか?

  • 流産後の妊娠の確率ってどれくらい?

  • 流産後の妊娠の確率ってどれくらいなのか気になると思いますが、具体的な数字はハッキリとしていません。

    中には、流産後の妊娠は9割以上の確率で期待出来る、といった話もあります。

    これは恐らく、流産を経験している女性の身体は、確実に妊娠出来る身体にある事が理由でしょう。

    ただ、流産した後に子宮の中を綺麗にする手術を行った後に妊娠しやすくなるのは確かで、子宮が綺麗になった事で、受精卵が着床しやすくなるからです。

    この事からも、流産後の妊娠の確率はかなり高くなる事が判ると思います。

    生理が再開されたと言う事は、子宮の活動は正常に戻っている証拠です。

    後は、母体自身の体力の回復と精神的な問題がありますので、すぐに妊娠しても問題ない状態にしてから、子作りを行うようにして下さいね。

  • 流産後の妊娠で注意する事ってある?

  • 流産後の妊娠で注意する事はあります。

    流産は母体の問題ではなく、その殆どが染色体異常によるもので、異常児を出産しない為の自然の淘汰だと言われています。

    その為、流産後の妊娠で、またすぐに流産してしまう事は滅多にありませんので、心配しなくても大丈夫です。

    ただ、流産後の妊娠では、最初の妊娠の時と比べて流産してしまう確率が多少高くなる事が判っています

    流産後の妊娠で無事に出産する為には、まず子宮がきちんと回復している事を確かめてから子作りを開始する事が重要です。

    いくら流産後の妊娠がしやすいからと言って、焦って子作りをしても、また流産したらもっと哀しい事になりますね。

    1度でも生理が来ると子宮の回復が確認出来ますが、出来れば2回程度の生理を確認してからにした方がより確実だと言えるでしょう。

    また、流産後の妊娠は何かと神経質になりますので、精神的にケアしてくれるパートナーの役割も大切です。

    流産後の妊娠の確率は、初めて妊娠する時よりも高くなっている事をきちんと理解しておきましょう。

Copyright (c) 2014 流産後の妊娠|流産後の妊娠の確率、妊娠しやすい? All rights reserved.